2007年06月23日

マナーについて。

今日は両親と嫁さんとでボーリングに行ってきました。
僕らの親父世代はブランクがあろうとある程度のスコアを叩き出してくるんすよ。なんででしょうね?

最初に受付で両サイドのレーンがマナーを守れてそうな所を選びました。

左隣は若い夫婦とちっちゃい男の子。
右隣には僕らと同い年くらいかちょっと上くらいの6人組。

両サイドともわきまえた上で楽しんでいました。
左の男の子も先にレーンに立っている人が投げ始めるまでレーンに立たず待っていました。
右の集団も投げるタイミングが同じになると譲ったり譲ってもらえたりして和やかな感じで僕ら家族も、両サイドの家族や若い集団も楽しんでいました。

しかしです。
右の若い集団は人数も多かったのもあり2レーン使ってたのですよ。
スコアによって次のゲームではチーム変えなどしてたのかな。
僕らが2ゲーム目の中盤に差し掛かったときに、それまでは二つ隣のレーンで投げていた1人の女の子がチーム変えで隣のレーンに移ってきました。
丁度僕が投球に入ろうとしたときにその娘は普通に並んで投げようとしたんですよ。
なのでタイミングをずらしてそのフレームは投げたんですが、まぁその娘は注意されるわけですよ。
うちのおかんに。

まぁその時点で割と間違ってるんですが、その娘は次も同じことをしてきたんで優しくまた教えてあげようとしたんすよ。

おかんが。

その娘はシカトするんですよ。

んで先にその娘達のゲームが終わって帰るときに捨て台詞を吐いてったんで両親アンドオイラぶちぎれですよ。

その集団の1人は「みんなで楽しくやろうとしているんだからそんな言い方しなくても良いんじゃない?」と。

楽しくやりたいならお前らその娘に教えてやれやな。
マナーを守って初めて楽しむ権利がある訳で。

オイオイ、ボーリングごときで熱くなんなよって思うかもですが、これってボーリングに限ったことではないと思うんです。
何をするにしてもマナーってのはあるじゃないですか。

それにその集団のその娘以外はみんなある程度マナーを守って楽しんでたんすよ。
そしたらなんでその娘に友達が教えてあげれないのかなって。
全くの他人に言われるよりも遥かに分かり易いし雰囲気も悪くならないし。
言われたら「うるせーオバサンだな」とか、「うるせーオヤジだな」とか、「うるせー奴だな」って思うんじゃなくて普通は「スイマセン気を付けます」でしょ?

なんでもそうだけど、皆が楽しめる空間ってのは皆が意識していかないと出来ないことですよね。

難しいことはないんですよ。

そんな偉そうなことを言っていても僕もマナーを守れていないときがあるとは思うんです。
これを機に何かあるときには思い返してみようと思いました。

ダラダラとつまらないことを書いてスイマセン。

明日は練習です。

新曲をたくさん作っています。
お披露目出来るときまでお楽しみにー!!


トシJAPAN


posted by こころおと at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練習お疲れ様です(^^)v


ボーリングのマナー…わかりますっ!!トシさんの意見、もっともですよ!
「最近の若いものは…」と言われますが、しっかりマナーを守っている若者もたくさんいるのに、そういう一部の方のために 私達まで一括りにされたくにゃい(〇>_<)!!と、思っちょります。
ボーリングは楽しむ場所だし、公共の場所だし、弁えてもらいたいっ!と、同感しますぅ。

ご両親、しっかりしてらっしゃいますね!偉いっ☆最近は見てみぬふりさんが多いですから。
Posted by hi at 2007年06月25日 08:06
>hiさん
僕のこんな愚痴日記にコメントしていただいてありがとうございます。

まぁ俗に言う「最近の若者」ってのも、本来であれば僕らの先輩に当たる方々がチョット怠けた結果として出来上がったようにも見えます。
しっかりと守っている者としてはたまったもんじゃないですよね。

そりゃ僕にはまだまだ知らないことはたくさんあって、誰かに迷惑をかけることもあるでしょうが、こないだのグループの子達と違うのは僕の周りには間違っていることはしっかり注意して、教えてくれる仲間や人生の先輩方がいることでしょうかね。

ちなみにそのボーリング場の受付にいた50才くらいのパートのおばちゃんは見てみぬふりのひとりでしたよ。
Posted by トシ at 2007年06月27日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。